副業で月5万を目指すサラリーマンのブログ

とんな会社でも、いつ潰れるかわからないそんな世の中。大事なのは自分で稼げる力をつける事。危機感を覚えたサラリーマンは、月5万を目指して副業を始める。まずは、動画編集とライティングの勉強をはじめてみる。

留学に悩む!?学生でも簡単に行けるワーキングホリデーがオススメな理由


「留学に行ってみたい」そんな気持ちを持つ学生は多いんじゃないでしょうか?
さらに、大学のプログラムで短期留学も流行っているので、そんな珍しいものでもないと思っています。
しかしながら、

  • 留学したことがない
  • お金の心配
  • 英語力

の不安を抱え、行けない人がいるのも現状です。
私は留学経験もなければ、家も裕福ではなかったですし、加えてTOEICでも300点以上取得したことが無いような状態でした。

しかし、そんな私でも1人で1年間オーストラリアに留学できた話をします!
長くなるので、第一話はじまり〜出発前編をします。

どーも、のぶろーどです。

はじめに


冒頭でも述べましたが、不安を抱えておりまして、留学が行きたいと思うばかりの大学生活を送っていました。
私立高校→私立大学(理系)へ進学し、授業料も半端なくかかっていたので、親になかなか言い出せませんでした。
しかし、バイト→単位取る→遊ぶの繰り返しばかりで大学生活は退屈になっていましたし、
親におんぶに抱っこ状態で、自分の力で生活したい!と強く思っていました。

同じような悩みを抱えている大学生って多いんじゃ無いでしょうか?
でも、経験した私が、声を大にして言いたいです。
心配するな行ってきたらイイ!と

ワーキングホリデーとは?

f:id:noburoad:20200331065237j:plain
そもそも、ワーキングホリデーなんて言葉知りませんでした。
ワーキングホリデーとは、日本と協定を結んでいる諸外国の文化を学びながら、働いて滞在資金を稼ぐことです。
すごく変な言い方するとフリーターですかね。
海外へ行くのにビザを発行してもらうのですが、いわゆる学生が取得する「学生ビザ」だと労働時間が限られてしまうんですよね。
しかし「ワーホリビザ」だと、結構がっつり働けます。

つまりですよ!海外にいって、資金を稼いで帰ってくることも可能なんですよ!
ちなみに私は飲食店のアルバイトで月30万ちかく稼いでいました。

という情報を当時の彼女に教えてもらいました。

一番ネックになっていた「お金の問題」をクリアしたことで、私はその日にオーストラリアに行く!と決心したのです。

当時大学二年生の夏頃の話です。

プルプルプルプル(電話)

私「あ、もしもしオカン?俺一年後にオーストラリアに1年間行ってくるわー」

オカン「あっそう」


・・・・・・・・・・・決して仲が悪いわけではないです。(このときオカンは私が自身で道を決めたことに感動してたらしい)


さっそくエージェントに連絡

f:id:noburoad:20200404085548j:plain
エージェントの名前忘れてしまいました。。。。。
エージェントってなんやねん!って人に少しだけ説明すると
旅行会社みたいなもんです。

海外旅行とかしたことない私でも懇切丁寧に不安要素を取り除きながら色々手続きしてくれます。
しかも、現地でも日本語の喋れる社員さんが海外支店で働いていますので、困ったら助けてくれます。

私がお世話になったエージェントさんは、オーストラリア専門のエージェントでしたので、行き先はオーストラリアになったわけです。

思い出しました。AICさんです。

まぁ、とりあえずエージェントで軽く面談的なことをして、ざっくりエージェントで決めることは、これだ!

ホームステイ先を決める

f:id:noburoad:20200404085433j:plain
まぁ、向こうの文化を学ぶにはホームステイは必須です。多分必須。1ヶ月
AICさんのホームステイ先は割と厳選されてますので、変な人がいません。多分
しかし、私の場合は向こうのオージーの食事が合わず、英語が喋れないのでコミュニケーションをうまくとれず苦労しましたが、ここは頑張りどころ!
決して折れずに、恥ずかしがらず話してみましょう!

Google翻訳に助けられました笑

あと、子供がいると楽しいですよ!

プロレスしたり、トランポリンしたり、プロレスしたり、プロレスしたり・・・・・

たぶん、費用は15万くらいかかると思うのですが、働いて稼いだら取り返せるので、必要経費だと思って下さい。

語学学校を決める

f:id:noburoad:20200404085455j:plain
国によっては、学校に行ける月数が決まっています。
オーストラリアは4ヶ月だったかな?初めての海外で不安でしたので4ヶ月学校に通いました。後で知った事なのですが、1つの学校に4ヶ月らしいので、転校して4か月って事が可能です。
やはり、英語は喋らないと身につかないので、毎日誰かと会話できるのは環境があるのは非常に勉強になりますよ。
学校で勉強するのは主に日本の中学高校で勉強するようなことです。
あとは、友達作りになるのでバーベキューとかいろんなところに連れて行ってもらいました。

ですが、デメリットを紹介します。
・クラスによって英語のレベルが違います。おそらく英語が苦手な人だと下のクラスに行って簡単な文法などを学ぶと思います。
 そのクラスには、自分の似たようなレベルの人たちが集まるので、会話のレベルが低くなります。
 テストなどで、上のクラスに行くほど英語を流暢になってきますので、英語力はアップします。
 ですが、初めてで不安な方には慣れるためにはいい環境だと思います。

・日本人同士で群がらないこと
 不安なだけにこれはありますよね。海外で日本人が同じ学校にいるのは珍しいですしね。ですが英語力を高めたいと思っているなら、友人は最低限のほうがいいです。
 海外の人とできるだけ仲良くなりましょう。

ここでの費用は、学校によってまちまちです。
私の場合だと4ヶ月で60万くらいかかったとおもいますが、正直4ヶ月もいらなかったかな?と思います。
2-3ヶ月が丁度良いと思います。

私はその後働いていました。詳細は第二話で話します。

出発日とか諸々を決める


まぁ、ここは細かいことなのですが、パスポートの取得したり、行く都市を決めたり(学校を決めるとき決めますかね)
全部AICさんのサポートのもとできますのでご安心ください!


通っている学校の手続き


通っている大学の規則にもよります。
私は学校のプログラムで行くわけではなかったので、休学することにしました。
が、1点問題ありまして、規則上「ワーホリでの休学が認められない」※厳密に言うと、一年いくなら半年以上学校に通う証明書がいる。

そうなんです。休学認められなかったんです。

大学職員との会話

「それじゃあ、休学は認められないんですよ。。
でも、退学するなら2年以内ならば面接だけで、再入学できます。成績とかも退学前のまま引き継いでできます。デメリットとしては入学金が再度発生しますね。。」

私「じゃあ、退学します(即答)用紙をください!」

ホントの話です。その場で即効決めました。

成績は中の中くらいだったので、まぁ、なんとかなるやろと思ってその場で決断した感じですかね!
鉄は熱いうちに打て!!

でも、忘れてはなりません!
1年いなくなるということは、戻ってくると友達は1年早く卒業しますからね!

でも、友達は失うわけではありません。

働きだすと中々、1年休む事はできません。

時間は有限です。大学生活1年伸びたからといって気に病むこともありません。他の方にできない決断をするのですから。私は全く後悔をしてないです。むしろ羨ましがられました。

第一話まとめ

  • ワーキングホリデーはあまりお金がかからない
  • エージェントに頼めば大体のことは分かります
  • あとは自身で決断するだけ

分からないことあれば、コメント貰えると助かります。
私も話したいことがありすぎてまとめきれていません!


では、第二話に続きます。

Copyright ©副業で月5万を目指すサラリーマンのブログ All rights reserved.

プライバシーポリシー