副業で月5万を目指すサラリーマンのブログ

とんな会社でも、いつ潰れるかわからないそんな世の中。大事なのは自分で稼げる力をつける事。危機感を覚えたサラリーマンは、月5万を目指して副業を始める。まずは、動画編集とライティングの勉強をはじめてみる。

退職できないあなたへ!退職代行サービスをオススメします!

 

はじめに

f:id:noburoad:20200404223734j:plain

 平成30年の厚生労働省の調べでは一般労働者は年間で約400万人の方が退職されています。しかしながら、最近ではブラック企業も多く、退職の意思を示してもなかなか退職できない人もいます。いわゆる在籍強要などが例としてあげられます。

 

労働者にとって、退職は1つの権利のため基本的には退職は認められて当然ではあります。転職先を早く見つけるためにもスムーズに退職をしたいのに、できないなんてことはよくある話です。さらには、給料の未払いなんてことがあれば踏んだり蹴ったりですよね。そのような場合は弁護士に相談するべきですが、その前に行う退職代行サービスについて紹介したいと思います。

退職代行サービスとは?

退職代行サービスとは、2018年頃に流行し始めました。

 

弁護士も退職代行処理を行なってくれますが、このサービスは一般企業が「労働者が円滑に退職できる」ように一部代行を行なってくれることを指します。退職の意思を伝えることができないほどの劣悪な環境などに陥っている場合に、助けになるサービスです。

 

また場合によっては、即日退職も可能となります。

 

注意しなければならないのは、弁護士が付いているかです。会社と退職金や未払いの給与等で直接交渉する場合は、弁護士でないと行うことができません。

 退職代行サービスの選ぶ基

どうやって選べばいいの?という方に、選ぶ基準をお伝えします。

 

実績・口コミを確認する

比較的新しいサービスではありますが、正直費用よりも口コミの方が大切です。

実際のお客様の生の声を聞くことで、実際にどのようなサポート体制となっているのか、どのようなところに注意しないといけないのかという部分が赤裸々に書かれているからです。

 

「うまく退職できました!」というレビューよりも、「〜は今ひとつでしたが、〜はとてもよく、丁寧に対応されました」などと書かれているレビューを重視して見た方が良いです。

 

誰しもが完璧にうまくいくことはないので、自分が気をつけないところはどこなのか?を見極める必要があるため、デメリットが書いてるレビューを見ることをオススメします。

 

費用について

実際、申し込むのにどれぐらいのお金がかかるのかという部分を紹介していきたいと思います。

このサービスの平均相場は3万円となっています。また、弁護士に頼むと相場は5蔓延程度と一般企業の相場と比較して割高になっていますが、弁護士は会社側と直接交渉ができるため高くなってしまってもしょうがないと思います。

 

会社を退職するだけなのに3~5万円が高いと感じてしまう方には、自身でお伝えする方が良いでしょう。しかし、中にはセクハラ・パワハラなどで悩みを抱えて伝えることのできない人にとっては安いと感じる方もいます。

 

業界で最安値の2万円ポッキリで退職を代行してくれるのが「退職代行J-Next」です。

破格の値段で、人材業界会社と連携しているため、転職まで手厚くサポートもしてくれます。

 

 

申し込み方法

悩んでいる人のために、申し込み方法を紹介しておきます 。

 

申し込み方法はものすごく簡単です。

 

 

HPから、申し込みフォームがあるのでそこから連絡します。まず相談からしたい人には24時間対応のLINEから相談したり、電話を受け付けているのでそこから相談をしてみるのも1つの手です。悩んでいる方は、まず相談してみることをオススメします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? スムーズに新しい道に進むためにも、退職はスムーズに行いたいですよね。 しかし、全ての人がそんなにうまくいくわけではありません。

 

そんな時に、手伝ってくれるのが退職代行サービスです。 比較的新しいサービスで本当に退職できるかわからない不安を抱えているかもしれませんが、相談窓口もあるので ぜひコンタクトをとってみることをオススメします。

 

Copyright ©副業で月5万を目指すサラリーマンのブログ All rights reserved.

プライバシーポリシー