副業で月5万を目指すサラリーマンのブログ

とんな会社でも、いつ潰れるかわからないそんな世の中。大事なのは自分で稼げる力をつける事。危機感を覚えたサラリーマンは、月5万を目指して副業を始める。まずは、動画編集とライティングの勉強をはじめてみる。

初心者必見!?読まれるライティング技術・ブログの特徴とは?タイトル・冒頭文を書くコツ

この記事は、およそ5分で読むことができます。

こんばんは!最近左肩に不調を抱えるのぶろーどです。

 

最近、コロナの影響もあり在宅ワークの方も多くなり、人によっては自宅待機のような形で家での時間が増えた方も多いんじゃないでしょうか?

 

意識の高い方は

この時間を無駄にするわけにはいかない!!!!!!!

と考えているでしょう。

 

その中で「ブログに挑戦してみよう!」という方も少なからずいると思います。

 

しかしながら、インターネットで情報を収集していくうちに

「情報がありすぎて、結局何が正しいのかわからない」

「アクセス数が伸びなくてつらい」

「SEOってなんなんだ。。。」

となっている初心者の方も多いんじゃないでしょうか。

 

今回紹介するのは、

人に読まれる文章とはなんなのか?

読まれるブログの特徴はどんなものなのか?

といったことを紹介していきたいと思います。

 

f:id:noburoad:20200404085255j:plain

ライティングとは?

ここのページに来た人は、もちろん知っていると思いますが、

そもそもライティングとはなんなのか?復習を兼ねて説明していきたいと思います。

カキカキすることやろ?

ブログにおけるライティングと呼ばれるものには、主に2種類あります。

  • Webライティング
  • SEOライティング

今回は、主にWebライティングについてお話ししていきます。

 

ちなみに、コピーライティングとセールスライティングというものがあります。

 

広告・宣伝寄りのライティング技術なので、今回は「ブログ」で使用する

「Webライティング」と「SEOライティング」のみ触れていきたいと思います。

 

簡単にそれぞれを説明していきたいと思います。

 

Webライティング

読み手に満足してもらえる文章を書く技術

実のところ、WEBライティングの厳密な定義はありません。

読み手にとって、読みやすく、ためになる(機能性)文章を書く技術です。

 

もちろん、読んでもらわなければ意味がないので、SEOというGoogle先生に評価してもらえるような対策をしながら書く必要がありますが、後述するSEOライティングとの違いは、検索順位を上位に上げるのが目的ではありません。

 

主として「読み切ってもらえる」ことを目的としています。

 

なるほど、文章で満足させる技術か 

 

SEOライティング

検索の上位表示させるためのライティング技術

皆さんは、検索した時に2ページ目まで目を通すことがありますでしょうか?

 

ほとんどの方が1ページ目で記事を見つけ

見つからなければ2ページ目まで行かずに別のキーワードで検索をかけているんじゃないでしょうか?

 

このように、いい記事を書いた!と思っても、検索上位に表示されることがなければ中々ユーザーに読んでもらうことは難しいです。

 

SEOライティングとは、Google先生に評価してもらい、検索の上位に表示してもらうことができるように対策をしたライティング技術のことを指します。

 

どのようにして評価されるのか?といった具体的な部分は省略しますが、読み手の悩みに対して具体的な解決方法が記載してあるコンテンツだったり、読み手にとって利便性のある記事は高く評価されます。

 

人に読まれる文章とは?

人に読んでもらえるような文章とはいったいなんでしょうか?

 

表現が面白い文章?

ドキドキさせるようなストーリ性のある文章?

 

このような文章も人に読まれる文章で間違いありません。

 

しかし、面白い文章をどのようにして書くのか?といった部分は

センス

で片付けられてしまいますので、そのような文章に共通して言えることを紹介していきます。

 

タイトルに力をいれている

検索結果には、タイトルと数文字程度の冒頭の文章しかありません。

読み手は、その少ない情報から「必要なもの」を探し出して、ページをクリックします。

内容はしっかりしているけど、タイトルがよくわからないと読んでもらえすらしないのです。

 

余談ではありますが、心理学で「初頭効果」とあります。

初頭効果とは最初の印象が、その後の印象に影響を与える続けることです。

  

ブログだと例えば、

A「アクセス数を伸ばす方法」

B「1ヶ月で5万PV!?アクセス数を急激に伸ばすライティングの方法」

 

AとBどちらをクリックするかは、一目瞭然だと思います。

クリックする前の高揚感が違いますよね。

 

細かくタイトルの書き方に関しては、別の記事で紹介したいと思いますが、

今回は、すぐにでも実践できるコツを1点だけ紹介したいと思います。

数字を入れること

例にもだしたように、具体的な数字をいれることによって、人はイメージしやすいものです。

またその数字が大きければ、「豪華」「すごいもの」と連想させることができます。

 

スーパーで1980円て書かれてる時、ちょっとお得に見えるよね

 

このように、検索上位に表示されている人たちは目を引くタイトルがついているのです。

 

つかみがうまい

タイトルの次は、冒頭部分になります。

読まれるブログの特徴は、この冒頭部分では、2点コツがあります。

  • 読み手が求める解答があるか一目瞭然で把握できるか?
  • 共感または高揚感を与えられる文章であるか?
読み手が求める解答があるか一目瞭然で把握できるか?

読み手は、何かしらの「解答」を求めて検索しています。

 

ブロガーの方は、あらかじめキーワードから、

「どんな答えを求めた人が来るだろうか」という部分は考えていると思います。

 

そこで大事なのが、冒頭を見た時に

「解答がこのページにあるか?」を読み手が判断できるかが重要なポイントになってきます。

 

では、どのようにしたら、一目瞭然でわかるのでしょうか?

目次(結論)を最初におく

目次は、結論に一瞬でたどり着くことだできるのでほぼ同義で良いです。

 

ストーリー性のある話だと、結論を最後に置くクライマックス法がいいのです。

 

しかし、ブログにおいては、絶対的に結論ファーストをお勧めします。

読み手は、冒頭の部分で答えがあるか見極めています。

ここに答えはない!離脱!!!! シュッ

となってしまいますので、 目次を最初においてしまいましょう。

 

共感または高揚感を与えられる文章であるか?

友達と話をするとき、共感すると話が盛り上がりませんか?

「それ!!めっちゃわかるわ!!!」といったように

 

しかし、悩んでない人に「それ!!めっちゃわかるわ!!!」と言われても

「いや、お前悩んでないでしょ」と思いませんか?

 

そこで大事なのが共感です。

共感をすることができれば、

同じ問題を抱えているんだ、解答がここのページにあるかもしれない!

と読み手は思うことができます。

 

共感を誘うためには、タイトルと合致する悩みを会話調で書くと読みやすくなります。

 

例えば

ブログを始めて1ヶ月、月3万円を目標にしてきたけど、

「アクセスが全く伸びない...」

「ネタを見つけるのにも一苦労する...」

のような書き方です。カッコをつけることで、読み手がイメージしやすくなります。

 

次に大事なのが高揚感です。

例えば

「私はアクセス数に悩んでいました...

誰もクリックしてもくれない、読んでくれない。

でも、今すぐできる、ある1点を守るだけで3000倍までアクセスが伸びたんです!」

例が悪かったらすいません

 

このように、

お、、俺でもできるかもしれない!

レベルアップできるかも!?

など、知的興奮を与えることで本題を読んでもらいやすくなります。

 

このように、共感で相手に寄り添いつつ、相手をレベルアップさせれるようにしてあげられるような

冒頭文を書くことが、読まれるブログの特徴です。

もちろん、まだまだ特徴がありますので後日Upしようと思いますが、

まずは、共感と高揚感を与えられるような文章にしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

  • Webライティングは満足してもらうライティング技術
  • SEOライティングはGoogle先生に評価してもらうライティング技術
  • タイトルには数字をいれること
  • 目次と結論をはじめにつたえること
  • 共感と高揚感を与えること

 

いかがだったでしょうか?

皆さんが読んでいるブログ、サイトなどには、共通点があるのです。

ここまで読んでくださったあなた!もう引っかかってますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright ©副業で月5万を目指すサラリーマンのブログ All rights reserved.

プライバシーポリシー